今が旬!「鱈のせんべいごろも揚げ」

こんにちは。

寒い季節を代表する魚、鱈。その漢字のとおり、雪が降る頃が最もおいしいとされています。

淡白な白身魚で、油が少なくヘルシーな、冬には欠かせないお魚ですね。

今回はどこのご家庭でも今すぐにできる簡単なひと工夫で、
さらにおいしい鱈のこんなお料理をご紹介します。

そこで!

meigen.gif

タラ腹食う。

ことわざ
sensei.gif

鱈は食いしん坊で、えび、たこ、いそぎんちゃく、自分の体重の2/3位の魚を食べちゃうそうです。

低カロリー高タンパクな鱈ですが、注目なのは皮。
お肌をきれいに保つコラーゲンが豊富なので、お腹いっぱい、いただきましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
 ★今が旬!「鱈のせんべいごろも揚げ」☆★  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

senbeikoromo.jpg
▼ 材  料(約2人分)
┗━━━━━━━━━━━━━━
生たら切り身・・・・・・・・・・2切れ
せんべい
(塩味、しょうゆ味どちらでも可)・3枚
さやいんげん・・・・・・・・80グラム
卵白・・・・・・・・・・・・1/2個分
塩、胡椒・・・・・・・・・・・・適量
揚げ油・・・・・・・・・・・・・適量

▼ 作 り 方
┗━━━━━━━━━━━━━━
1、せんべいをビニール袋に入れ、ビンなどで上から叩き、
  パン粉くらいの大きさに砕きます。

2、鱈の長さを半分に切ります。
  さらに包丁を手前に引くように動かしながら、
  厚みを半分に切ります。

3、パットに並べ、塩、胡椒を両面にふります。
  さやいんげんはヘタを切っておきます。

4、ボールに卵白を入れて溶きほぐします。
  鱈に卵白をつけ、砕いたせんべいを均等にまぶしつけます。

5、揚げ油を中温に熱し、いんげんを入れてさっと素揚げにし、
  油をきって塩少々をふります。

6、揚げ油を中温にして鱈を4〜5枚ずつ入れ、
  途中で上下を返しながら、3〜4分、カラリと揚げます。

7、油をきって、いんげんとともに器に盛ったら出来上がりです。

いかかでしょうか?

淡白な鱈におせんべいの香ばしさが加わって、絶品のおいしさになりますよ。

簡単ですからぜひ一度、作ってみてください。